老けたなと思ったまる犬と母

うちのまる犬、年をとったなと思いました。毛並みが随分ぼさぼさとした感じになりました。
犬は人の一歳の年に対して七歳分、年をとるといいますが、まる犬、こんなに老けたっけという感じです。
一緒にいて感じませんでしたが、早いものなのだなと感じました。
まる犬が亡くなると共に、母の老いも自然と速まっていくのだろうなとつくづく思います。
いつも、睡眠薬を取って、自分に取っただろとか言ってくる母ですが、考えてみると、子供と親ってやっぱり年齢によって、段々介護していく形に変わっていくのでしょうかね。
困ったものです。
今日は持病もあって苛々していました。ふと怒りを抑えてからこう考えました。
母は、もう年なのだという事をです。
60歳という事を結構言っているのですが、そこから何故か両親の老いがとても始まるように思えるのです。
人によっては人生を楽しんでいる人もいますが、母は寝る前はへとへとのように疲れて、愚痴が多く、確かに老けている印象を受けました。
簡単にいって、おばさんからおばあちゃんへ変わっていくように見えるのですね。
もうちょっとライトに考えて欲しい事にも、とても頑固になりました。若々しさを持って欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です